良いことばかりのおまとめローンのようですがデメリットもあります

おまとめローンとは、バラバラな返済日や各社の借入残高を一元化しまとめることができ、かつ、借入額が大きくなることで金利負担が減少し、毎月の返済が楽になります。このように、表面上は良いことばかりなのですが、表裏一体で利用方法次第ではデメリットも存在します。
まず、金利負担が減ることですが、金利が低いローンの場合には当然に審査が厳しくなります。特に、銀行系の低金利おまとめローンは厳しい審査となります。仮に、借入先が5件以上の場合だと審査も通らない可能性が高くなります。個人の場合には借入件数が多いことは審査上のデメリットです。また、過去に支払いが遅れたことが信用情報に登録されてるとさらに審査が通りにくくなります。このように、おまとめローンの審査は相当状態の良い多重債務者向きとなります。
次に、毎月の返済額が減少するケースですが、この場合にも毎月の返済額を少なくするために支払期間を長くしたりすると、多少金利が低くなっても総支払額は増えてしまうこともあります。つまり、得するのは目先だけで結局は損をすることになります。いわゆる、債務整理を逃れるためのおまとめローンとなってしまいます。
さらに、借り換え専用ローンでない場合には、枠が空くと新規借り入れができるため借金が計画的に減少できないということも充分ありえます。これが最も大きいデメリットかもしれません。