手紙交換

私は中学生のころ、親友と3年間ほぼ毎日手紙交換をしていました。
部活のこと、恋愛のこと、他の同級生の話など、本当にささいなことを、毎日手紙に書いて、渡していました。
手紙を書くことの楽しさ、レターセットを買いに行くことの楽しさ、明日はどのレターセットにしようか、悩む楽しさ、など手紙イコール私の青春でした。
今でももちろん、手紙は実家に保管してあります。

その友人とは、高校が別々になってしまい、中学校を卒業して以降、手紙交換は終わってしまいましたが、今でもたまに連絡を取ったりしていて、その度に、手紙交換の日々の話をしています。
大人になった今でも、たまに手紙を書きたいなと思うときもあります。
それは、我が子がお友達から手紙をもらってきたときです。

まだちゃんとした文章は書けませんが、お返事を書きたいと言い、自分なりにちゃんと書いて、翌日に渡しています。
これから、我が子も成長するにつれ、私と同じように手紙交換をしたりするのかな、と何だか楽しみです。