年に一度のお手紙=年賀状

普段は、学業や仕事に追われる中で、なかなか連絡をとれない人がいます。
そんな人とでも年に一度は連絡をとることができます。
それが、年賀状なのです。

年賀状のデザインを考えて、プリンターで印刷してというのは正直面倒です。
でも、年賀状は送りたい。
そんなワガママな私の願いを叶えてくれたのが年賀状印刷サービスです。
写真がきれいな銀塩印刷は自宅ではできませんし、品質はものすごくいいです。
価格もしっかりと比較すれば安いサイトを見つけることができるでしょう。
私が年賀状印刷の比較に使っているサイトを見てみて下さいね。

毎年毎年、年賀状だけは欠かさずにやり取りすることで、関係を続けることができます。
時には、年賀状がきっかけで、会うことのできる年もありますし、年賀状がきっかけで、関係が戻る年があります。
その例として、私が学生最後の年に、約五年ぶりほどに、小学校時代の友人から年賀状をもらう機会がありました。
部屋の掃除をしていたところ、たまたま、昔に私からもらった年賀状を見つけ、書いてみようと思ったようです。

もともと小学生の時、その友人を含めて四人で仲が良かったため、その年賀状がきっかけで、約十年ぶりに四人で集まろうということになりました。
年賀状をもらわなければ、四人で集まることは一生なかったかもしれません。
年に一度のやり取りである年賀状は、とても大切な日本の行事の一つです。
これからも大切に続けていきたいです。